メキシコプラタナス [Index] [Back]

Platanus mexicana

Platanus mexicana

メキシコの北東部と中部に分布しています。アメリカ鈴掛の木よりもわずかに小さいですが、高さは15〜24メートルになります。樹皮は滑らかで白色と黄褐色をしています。葉は大きく、「かえで」に似ていて、裏面はベルベットのような銀色の毛に被われます。葉はオリーブグリーンで、ときに12月に落葉する前に黄葉します。雌雄同株で、12月から2月ごろに、別々に雄花と雌花をつけます。花は緑色のボール状で、枝からぶら下がります。果実は直径3.5センチほどの集合果のようで、花に続いて4月から8月になります。 
スズカケノキ科スズカケノキ属の落葉高木で、学名は Platanus mexicana。英名は Mexican sycamore、Mexican plane。 
Mexican sycamore (Platanus mexicana) belongs to the Platanaceae (the Plane-tree family). It is a tall deciduous tree that is native to northeast and central Mexico. It is slightly smaller than American sycamore (Platanus occidentalis), though it can reach 15-24 m in height. The bark is smooth and white-and-tan. The leaves are large maple-like with velvety, silver undersides. They are olive-green, sometimes turning yellow before falling in December. Male and female flowers are borne separately on the same plant from December through February and appear as greenish balls hanging from the branches. The fruits are aggregate-like, about 3.5 cm in diameter follow in April through August. 
アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp