みつばあけび (三葉通草)

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

Akebia trifoliata

わが国の各地をはじめ、中国にも分布しています。山地の明るい林内などに生え、とくに寒冷地に多く見られます。雌雄同株で、茎は右巻きです。葉は3出複葉で、縁に波形の鋸歯があり、互生または集まってつきます。4月から5月ごろ、濃紫色から濃赤紫色の花を咲かせます。果実が食用にされるほか、新芽も山菜として利用されます。また蔓はカゴを編むのに使われます。 
アケビ科アケビ属の落葉蔓性木本で、学名は Akebia trifoliata。
英名はありません。 
"Mitsuba-akebi" (Akebia trifoliata) belongs to the Lardizabalaceae family. It is a deciduous woody vine that is distributed throughout Japan and China. This vine grows in open woods of mountains, especially can be found at cold climate areas. This vine is monoecious and dexiotropic. The leaves are 3-lobed compound, opposite or fasciculate with wavy toothed edges. The dark purple to dark purple-red flowers come in April to May. The fruits are edible, and the young shoots are used for wild vegetable. The basketry is made from this vine. 
[上・中3] 愛知県春日井市明知町にて、2007年04月12日撮影。
[中1・中2] 静岡県浜松市北区細江町にて、2007年03月13日撮影。
[中4・中5] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。
[中6・中10] 山形県白鷹町十王にて、2008年07月12日撮影。
[中7] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、2005年09月22日撮影。
[中8] 愛知県設楽町西納庫「岩伏山」にて、2007年10月04日撮影。
[中9] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2008年10月18日撮影。
[中11] 千葉県香取市大角にて、2011年04月25日撮影。
[中12] 千葉県香取市田部にて、2012年04月18日撮影。
[中13] 千葉県香取市府馬にて、2012年04月20日撮影。
[中14・中15] 茨城県日立市「きららの里」にて、
2013年11月30日撮影。
[中16] 茨城県石岡市小幡にて、2013年12月08日撮影。
[中17] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年04月12日撮影。
[中18・中19] 福島県いわき市「塩屋岬」にて、2015年04月12日撮影。
[中20・下] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2016年05月04日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp