みやまあわがえり (深山粟返り) [Index] [Back]

Phleum alpinum

Phleum alpinum

わが国の本州、中部地方と北海道、それにヨーロッパや北アメリカに分布しています。高山帯の草地に生え、高さは15〜50センチになります。葉は平滑で、扁平な線形です。7月から8月ごろ、茎頂に長さ1.5〜3センチの穂状をした円錐花序をだし、小さな花を咲かせます。
イネ科アワガエリ属の多年草で、学名は Phleum alpinum。
英名は Alpine timothy, Alpine cat's tail grass。
Alpine timothy belongs to Poaceae (Grass family). It is a perennial herb that is distributed to Chubu district of Honshu and Hokkaido of Japan, Europe and North America. This herb occurs in alpine grasslands and can reach 15-50 cm in height. The leaves are smooth and flat linear. The spike-like panicles 1.5-3 cm long are borne on the stalks and bloom small flowers from July to August.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp