ミケーリア・マウディアエ (深山含笑) [Index] [Back]

Michelia maudiae

Michelia maudiae

Michelia maudiae

中国の南東部、湖南省から浙江省にかけて分布しています。林内に生え、高さは20メートルほどになります。葉は革質で、長楕円形から倒卵状楕円形です。2月ごろ、芳香のある純白色の「もくれん」に似た花を咲かせます。花冠は直径10センチほど、9個の花披片があります。 3個の外花披片は倒卵形、6個の内花披片は比較的狭く、小さいものです。中国名では「深山含笑」と呼ばれます。
モクレン科オガタマノキ属の常緑高木で、学名は Michelia maudiae。英名は Maud's michelia。
Maud's michelia (Michelia maudiae) belong to Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a tall evergreen tree that is native to south-eastern China; Hunan east to Zhejiang. This tree grows in forests and can reach about 20 m in height. The flowers are frangrant, pure white, Magnolia-like and bloom in February. The corolla are about 10 cm acress and has nine tepals. The outer seplas are three, obovate and the inner sepals are six, narrower and smaller. The Chinese name is "深山含笑 (Shen shan han xiao)".
神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2009年02月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp