ミクロソリウム・プンクタツム (文目羊歯)

Microsorium punctatum

Microsorium punctatum

Microsorium punctatum

Microsorium punctatum

熱帯アフリカからオーストラリア、ニュージランドそれにポリネシアに
分布しています。海岸や熱帯雨林などに生え、地生または岩生しま
す。葉は狭楕円形で、長さ30〜120センチ、淡緑色から黄緑色で
す。側脈は明瞭で、中肋に対して60〜65度の角度があります。胞
子嚢群は、直径0.5〜1.5ミリで多数あり、葉の先端半部の裏面に
散在します。別名で「あやめしだ(文目羊歯)」とも呼ばれます。
ウラボシ科ヌカボシクリハラン属の常緑シダ類で、学名は
Microsorium punctatum。英名は Climbing bird's nest fern。
Climbing bird's nest fern (Microsorium punctatum) belongs to
Polypodiaceae family. It is an evergreen fern that is native to tropical
Africa, Australasia and Polynesia. This fern is terrestrial or lithophytic and
grows in coastal areas or rainforests. The leaves are narrowly elliptic, 30-
120 cm long and pale green or yellow-green. The main lateral veins are
obvious, angled at 60-65 degrees to rachis. The sori are numerous, 0.5–
1.5 mm across and scattered over lower surface of distal half of frond.
[上・中1〜2] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年01月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp