みやまだいこんそう (深山大根草)

Geum calthaefolium var. nipponicum

Geum calthaefolium var. nipponicum

Geum calthaefolium var. nipponicum

Geum calthaefolium var. nipponicum

Geum calthaefolium var. nipponicum

Geum calthaefolium var. nipponicum

Geum calthaefolium var. nipponicum

わが国本州、中部地方以北から北海道、それに大峰山や石鎚山、千島列島に分布しています。高山帯の風当たりの強い岩場に生え、高さは10〜30センチになります。根生葉はほぼ円形で茎を抱きます。7月から8月ごろ、黄色い花を咲かせます。花弁の先はへこみ、オレンジ色の斑が印象的です。 
バラ科ダイコウソウ属の多年草で、学名は Geum calthaefolium var. nipponicum。英名はありません。 
"Miyama-daikon-so" (Geum calthaefolium var. nipponicum) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, and the Kuril Islands. This herb grows in alpine windy scrags and can reach 10-30 cm in height. The basal leaves are round and enfold stem. The yellow flowers come in July through August. The petals are shallowly emarginate and have orange mottles. 
[上・中1] 岐阜県高山市丹生川町「乗鞍岳」にて、
2007年07月31日撮影。
[中2] 同上にて、2002年08月17日撮影。
[中3] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2003年06月15日撮影。
[中4〜5・下] 長野県宮田村「木曽駒ヶ岳」にて、
2015年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp