みやまがまずみ (深山がまずみ)

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

Viburnum wrightii

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国それにサハリン南部に分布しています。山地の林内や林縁に生え、高さは2〜5メートルになります。葉は広倒卵形から倒卵状円形で互生し、表面はほとんどは無毛でやや光沢があります。葉柄は10〜20ミリで赤みを帯びることが多く、長い絹毛がまばらに生えます。5月から6月ごろ、散房花序に小さな白い花を咲かせます。果実は球形の核果で、秋に赤く熟します。
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、学名は Viburnum wrightii。
英名はありません。
he "Miyama-gamazumi" (Viburnum wrightii) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is native throughout Japan, as well as the Korean Peninsula, China and southern Sakhalin. This tree grows in montane forests or forest edges, and it can reach 2-5 m in height. The leaves are broad-obovate to obovate-round, opposite, glossy and almost glabrous on adverse sides. The petioles are 10-20 mm long, often tinged reddish, and bear long silky-hairs sparsely. The small white flowers bloom in the corymbs from May to June. The fruits are globose drupes and ripen red in fall. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年11月10日撮影。
[中2・中3] 長野県山ノ内町発哺温泉にて、2003年06月15日撮影。
[中4〜中6] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。
[中7〜中10] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。
[中11〜中14] 福島県川俣町飯坂「花塚山」にて、
2014年05月17日撮影。
[中15〜17・下] 山形県小国町小玉川にて、
2015年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp