みどりはこべ (緑繁縷)

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

Stellaria neglecta

わが国の各地をはじめ、世界中に広く分布しています。いたるところ
に生え、高さは10〜30センチになります。葉は卵形で対生し、明る
い緑色をしています。茎も淡緑色で、1列に毛が生えています。3月
から9月ごろ、茎頂に集散花序をだし、小さな白い花を咲かせます。
花弁は深く2裂し、花柱は3個あります。名前は、本草和名(918年)
にある「波久倍良(はくべら)」が転じたものといわれています。「こは
こべ」とあわせて「はこべ(繁縷)」と呼ばれ、春の七草の一つです。
ナデシコ科ハコベ属の越年草で、学名は Stellaria neglecta。
英名は Chickweed。
Chickweed (Stellaria neglecta) belongs to Caryophyllaceae (Carnation
family). It is a biennial herb that is distributed worldwide. This herb occurs
in all over hell's half acre and can reach 10-30 cm in height. The leaves are
ovate, opposite and fresh green. The stems are pale green with the hairs
arranged in a row. The cymes are borne on the stem apices and bloom
small white flowers from March to September. The petals are divided into
2 lobes deeply and the 3 styles are white.
[上・中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年12月19日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月12日撮影。
[中4] 京都府京田辺市打田北谷にて、2006年04月18日撮影。
[中5] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2005年03月14日撮影。
[中6] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2005年04月05日撮影。
[中7・下] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年09月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp