みつばはまぐるま (三葉浜車)

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

Wedelia trilobata

アメリカのフロリダ州南部から、中央アメリカに分布しています。蔓性で茎が地面を這い、節から根を出してマット状に広がります。高さは15〜25センチほどになり、葉は3裂して濃い緑色をしています。6月から11月ごろ、茎頂に「ジニア」に似た橙黄色の花を咲かせます。別名で「アメリカはまぐるま」とも呼ばれます。 
キク科ハマグルマ属の多年草で、学名は Wedelia trilobata。英名は Wedelia、Rabbits paw。 
Wedelia (Wedelia trilobata) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native from southern Florida to Central America. This herb grows on a trailing vine and throws out roots at nodes. It can reach 15-25 cm in height, its leaves are trilobate and dark green. It bears zinnia-like orange-yellow flowerheads on the stem apices from June to November. 
[上] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。
[中1・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2003年08月24日撮影。
[中3・中4] 中国・広東省深圳市にて、2009年04月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜7・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2017年09月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp