みやまはんしょうづる (深山半鐘蔓)

Clematis ochotensis

Clematis ochotensis

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から北海道に分布してい
ます。低山帯から高山帯の林縁や礫地の茂みに生え、蔓性で長さは
30〜100センチになります。葉は2回3出複葉です。7月から8月上
旬にかけて、枝先に紅紫色の花を咲かせます。萼片は4個で、縁に
は白い軟毛が密生します。花弁は萼片よりも短く、10数個あります。
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉蔓性低木で、学名は Clematis
ochotensis。英名はありません。
長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、2005年07月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp