みやまほつつじ (深山穂躑躅)

Cladothamnus bracteatus

Cladothamnus bracteatus

Cladothamnus bracteatus

Cladothamnus bracteatus

Cladothamnus bracteatus

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から北海道に分布してい
ます。亜高山帯の草地や岩場に生え、高さは30〜100センチになり
ます。よく分枝して、倒卵形の葉が互生します。7月から8月ごろ、枝
先に花序をだし、緑色を帯びた白い花を咲かせます。「ほつつじ」と
似ていますが、葉の先端が尖らないのが特徴です。
ツツジ科ミヤマホツツジ属の落葉低木で、学名は Cladothamnus
bracteatus。英名はありません。
"Miyama-hotsutsuji" (Cladothamnus bracteatus) belongs to the Ericaceae
(the Azalea family). It is a small deciduous tree that is endemic to Japan
and distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido.
This tree grows in sul-alpine grasslands or rocky places, and can reach 30-
100 cm in height. The stem is much-branched and leafs obovate leaves
alternately. The inflorescens are borne at the terminal branches, and the
greenish tinged white flowers bloom from July to August. This species
resembles to "Ho-tsutsuji" (Elliottia paniculata), though it is defined by
obtuse tip of leaf blade.
[上・中1] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中2・下] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中3] 群馬県嬬恋村鎌原「鬼押出し園」にて、2005年07月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp