みくり (実栗)

Sparganium erectum

Sparganium erectum

Sparganium erectum

Sparganium erectum

Sparganium erectum

わが国の各地をはじめ、アジアに広く分布しています。池沼の浅い水
中に生え、高さは70〜100センチになります。水底の地下茎から、
3稜形の葉を直立してだします。6月から8月ごろ、花茎を伸ばして分
枝し、上部に雄花序と下部に雌花序をつけます。名前は、果実を「く
り(栗)」に見立てたもの。
ミクリ科ミクリ属の多年草で、学名は Sparganium erectum。
英名は Bur reed。
Bur reed belongs to Sparganiaceae family. It is a perennial herb that is
distributed widely all over Japan and Asia. This herb occurs in shallow
waters of ponds or bogs and can reach 70-100 cm in height. It bears erect
tri-angular leaves from bottom rhizomes. The branched flowering stalks are
borne from June to August, and arranged male clusters on the upper part,
female clusters on the lower part. The fruits look like a chestnut bur.
[上・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中1・中3] 同上にて、2006年06月21日撮影。
[下] 同上にて、2005年07月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp