みやまくろすげ (深山黒菅)

Carex flavocuspis

Carex flavocuspis

Carex flavocuspis

わが国の中部地方以北から北海道、南千島に分布しています。高山
帯の草地や砂礫地に生え、高さは12〜25センチになります。6月か
ら7月ごろ、多数の小花からなる小穂を2〜5個つけます。鱗片は濃
紫褐色から黒紫色をしています。
カヤツリグサ科スゲ属の多年草で、学名は Carex flavocuspis。
英名はありません。
'Miyama-kuro-suge' (Carex flavocuspis) belongs to Cyperaceae (Sedge
family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu
district of Honshu to Hokkaido of Japan and southern Kuril Islands. This
herb occurs in alpine grasslands and screes, and can reach 12-25 cm in
height. The 2-5 spikelets are borne on the upper stems from June to July.
The scales are dark purplish-brown to blackish-purple.
岐阜県高山市丹生川町「乗鞍岳」にて、2007年07月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp