ミスラム・モスカツス [Index] [Back]

Mimulus moschatus

Mimulus moschatus

北アメリカの西部、ブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州、それにロッキー山脈まで分布しています。山地や森林、シャパラル地域の湿り気のある一部日陰のある場所に生え、高さは30センチほどになります。植物にはふつう麝香のような香りがあります。葉は卵形で対生します。7月から8月ごろ、黄色の筒状花を咲かせます。 
ゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草で、学名は Mimulus moschatus。英名は Musk monkeyflower、Muskflower。 
Musk monkeyflower (Mimulus moschatus) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to western North America from British Columbia to California to the Rocky Mountains. This herb grows in moist, partially shaded habitat in mountains, woodlands, chaparral, and can reach about 30 cm in height. It is generally musky in scent. The leaves are ovate and arranged in opposite. The yellow tubular flowers bloom from July to August.
アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、2010年07月05日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp