みねかえで (峰楓)

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

Acer tschonoskii

わが国の本州、静岡・福井県以北から北海道それに南千島に分布しています。亜高山帯に生え、高さは8〜10メートルになります。葉は掌状に5〜7裂し、さらに裂片は羽状に切れ込み、縁には重鋸歯があります。裂片の先端は尾状にはなりません。6月から7月ごろ、総状花序に淡黄色の花を咲かせます。果実は翼果で、翼はほぼ直角に開きます。中16・中17の写真は、フシダニの一種による虫えいで、「ミネカエデハイボフシ」。
カエデ科カエデ属の落葉小高木で、学名は Acer tschonoskii。
英名はありません。
The "Mine-kaede" (Acer tschonoskii) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is a semi-tall deciduous tree that is distributed northward from Shizuoka-Fukui prefecture of Honshu to Hokkaido and the southern Kuril Islands. This tree grows in sub-alpine zone and can reach 8-10 m in height. The leaves are divided into 5-7 lobes palmately, and the lobes are pinnatisect with duplicato-serratus edges. The tips of lobe are not caudate. The pale yellow flowers bloom in the racemes from June to July. The fruits are samaras with right angle opened wings.
[上・中1〜2] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2009年06月28日撮影。
[中3・中4] 長野県小谷村「栂池自然園」にて、
2005年07月11日撮影。
[中5・中6] 秋田県由利本庄市矢島町「竜ヶ原湿原」にて、
2005年07月18日撮影。
[中7] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、2005年07月16日撮影。
[中8〜中11] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、
2012年06月23日撮影。
[中24〜26・下] 同上にて、2016年07月09日撮影。
[中12・中13] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、
2013年07月20日撮影。
[中16・中17] 同上にて、2013年07月20日撮影。
[中14・中15] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、
2013年08月25日撮影。
[中18〜中23] 岩手県一関市「栗駒山」にて、
2015年06月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp