ミニばら(ミニ薔薇)

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

北半球の亜熱帯から熱帯が原産の「ばら」を品種改良して、19世紀のヨーロッパで作出された矮性種です。「ロサ・キネンシス・ミニマ(Rosa chinensis cv. minima)」が、現在ある「ミニばら」の原種とされています。高さは20〜50センチほどで、花や葉がとても小さな種類です。花色も豊富で、花期も四季咲きや一季咲きがあり多様です。 
バラ科バラ属の常緑小低木で、学名は Rosa cv.(属の総称)。
英名は Miniature rose。 
Miniature rose (Rosa cv.) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is an evergreen shrub that is a drawf cultivar that was raised in Europe in the 19th century. Rosa chinensis cv. minima is thought to be an original species of Miniature rose. It grows 20-50 cm high and bears small leaves and flowers. There are many flower-colors and various blooming times. 
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年11月17日撮影。
[中2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[中3・下] 千葉県香取市大角にて、2016年05月28日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp