ミニトマト (ミニ蕃茄)

Lycopersicum esculentum

Lycopersicum esculentum

Lycopersicum esculentum

Lycopersicum esculentum

Lycopersicum esculentum

アンデス地方が原産の「トマト」を改良した1品種群です。果実は小
粒の液果で、糖度が高いのが特徴です。わが国では、昭和50年代
後半ごろから急速に拡大しました。露地栽培での出荷期は7月から
9月ごろです。別名で「プチトマト」とも呼ばれますが、どちらも和製英
語です。
ナス科トマト属の一年草で、学名は Lycopersicum esculentum。
英名は Cherry tomato。
Cherry tomato (Lycopersicum esculentum) belongs to Solanaceae (the
Nightshade family). It is an annual herb that is a cultivar-group of tomato
which is native to the Andes region. The fruits are small berries and
characterized by high sugar contents. They became common rapidly in the
last harf of Showa Era (about 30 years ago). The garden-grown harvest
moon is from July to September. Cherry tomato is also called "Mini-
tomato" or "Petit-tomato" in Japan though they are Japanese-English words.
[上] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年08月16日撮影。
[中1〜3] 千葉県香取市大角にて、2010年07月16日撮影。
[下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp