ミントマリーゴールド [Index] [Back]

Tagetes lucida

Tagetes lucida

Tagetes lucida

メキシコのオアハカ州からグアテマラに分布しています。高さは45〜75センチに成長します。茎は直立し、分枝しません。葉は線形から長楕円形で長さ7.5センチほど、光沢がある緑色です。葉には少しだけアニスの香りがある、タラゴンのような芳香があります。夏の終わりから秋にかけて、茎頂の花序に、小さな頭花を咲かせます。頭花は直径1.3センチほど、3〜5個の黄金色の舌状花がつきます。生や乾燥させた葉は、スープやソースの香りづけにタラゴンの代用品として利用されます。
キク科タゲテス属の多年草で、学名は Tagetes lucida。
英名は Mexican tarragon。
Mexican tarragon (Tagetes lucida) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Oaxaca state of Mexico and Guatemala. This herb grows 45-75 cm tall. The stems are upright and unbranched. The leaves are linear to oblong, about 7.5 cm long, and shiny medium green. They have a tarragon-like flavor, with hints of少しだけ anise. The small flower heads bloom in clusters on the ends of the stems from late summer to fall. The flower heads are about 1.3 cm across and have 3-5 golden-yellow ray florets. The fresh or dried leaves are used as a tarragon substitute for flavoring soups, sauces etc.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2012年10月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp