ミラクルフルーツ

Synsepalum dulcificum

Synsepalum dulcificum

Synsepalum dulcificum

西アフリカの熱帯地方が原産です。成長は遅いですが、高さは4〜5
メートルほどになります。葉は広被針形から倒卵状被針形で、枝先
に2〜3個が集まってつきます。花は白くてほのかな芳香があり、果
実は真っ赤に熟します。果肉にはミラクリンと呼ばれる糖タンパク質
が含まれ、これを食べると酸っぱいものでも甘く感じさせる作用があ
ります。
アカテツ科フルクリコ属の常緑低木で、学名は Synsepalum
dulcificum。英名は Miracle fruit, Miracle berry。
Miracle fruit belongs to Sapotaceae (the Sapote famil). It is an evergreen
small tree that is native to tropical West Africa. This tree can reach 4-5 m
in height. Leaves are broad lanceolate to obovate-lanceolate, 2-3 fascicled
on the tips of twig. Flowers are white and slightly fragrant, fruits ripen bright
red. The fruits contain an active glycoprotein, called miraculin. When the
fresh fruit is eaten, it will be sweetened bitter and sour tastes.
[上] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12日撮影。
[中] 同上にて、2005年02月26日撮影。
[下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2008年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp