みどりさんご (緑珊瑚)

Euphorbia tirucalli

Euphorbia tirucalli

Euphorbia tirucalli

Euphorbia tirucalli

Euphorbia tirucalli

東アフリカとマダガスカルが原産です。自生地では、高さが9メートル
にもなります。枝は、緑色で丸い鉛筆のような形で、よく分岐します。
葉はほとんど退化しています。茎を傷つけると出る乳汁は、アルカロ
イドを多く含んでいて被れることがありますが、魚を捕獲するときの
毒にも使われるそうです。別名で、「あおさんご(青珊瑚)」とも呼ばれ
ます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の多年草で、学名は Euphorbia
tirucalli。英名は Pencil tree, Milk bush。
Pencil tree belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an evergreen
perennial herb that is native to eastern Africa and Madagascar. This herb
can reach about 9 m tall in the wild. The stems are green, pencil-shaped and
much branched. The leaves are almost degenerate. The milky saps contain
poisonous alkaloid and cause a skin irritation. They are used for fish poison.
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2005年11月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp