ミストフラワー

Eupatorium coelestinum

Eupatorium coelestinum

Eupatorium coelestinum

アメリカの東部から中南部に分布しています。湿ったところに生え、
高さは90センチほどになります。葉は三角状で対生し、縁には粗い
鋸歯があります。4月から11月ごろ、枝先に花序をだし、青色から紫
色の頭花を咲かせます。
キク科ヒヨドリバナ属の多年草で、学名は Eupatorium coelestinum
(syn. Conoclinium coelestinum)。英名は Mistflower, Blue mistflower。
Mistflower (Eupatorium coelestinum) belongs to the Asteraceae (the Aster
family). It is a perennial herb that is native to eastern and central-southern
United States. This herb grows on the waste places and can reach about
90 cm in height. The leaves are deltoid with coarse toothed edges, and
arranged in opposite. The flowering clusters are borne at the top of
branches, and the blue to purple flower-heads bloom from April to
November.
[上・中] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2005年10月26日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp