みちたねつけばな (路種漬花)

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

Cardamine hirsuta

ヨーロッパが原産の帰化植物です。いまではどこでも見かけますが、「たねつけばな」が湿地に育つのに対して、この種は、乾燥したところに生えます。ロゼット状の根生葉の小葉は丸く、茎にはあまり葉がつきません。他の種より花期が早く、3月ごろに花を咲かせながら、茎を伸ばしていきます。「たねつけばな」の名前は、苗代に播く種籾を水に浸すころに花が咲くことから。
アブラナ科タネツケバナ属の常緑多年草で、学名は Cardamine hirsuta。英名は Hairy bitter-cress。
The Hairy bitter-cress (Cardamine hirsuta) belongs to the Brassiaceae (the Mustard family). It is an evergreen perennial herb that is native to Europe. This herb is naturalized widely in Japan. It grows in arid areas. The basal leaves are round and form rosette. The cauline leaves are few. The small white flowers come in March.
[上・中1] 大阪府八尾市大窪「生駒山」にて、2007年03月31日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年03月19日撮影。
[中3] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年03月17日撮影。
[中4] 群馬県富士見村「赤城山」にて、2008年04月27日撮影。
[中5・中6] 千葉県香取市大角にて、2010年04月01日撮影。
[中7・中8] 千葉県香取市仁良にて、2013年03月19日撮影。
[中9] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10〜11・下] 山形県南陽市元中山にて、2016年04月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp