みたけすげ (御岳菅)

Carex michauxiana var. asiatica

Carex michauxiana var. asiatica

Carex michauxiana var. asiatica

Carex michauxiana var. asiatica

Carex michauxiana var. asiatica

Carex michauxiana var. asiatica

わが国の本州、中部地方以北から北海道に分布しています。高層
湿原に生え、高さは20〜50センチになります。6月から8月ごろ、花
を咲かせます。頂小穂は雄性で、雌性の側小穂が2〜4個つきま
す。
カヤツリグサ科スゲ属の多年草で、学名は Carex michauxiana var.
asiatica。英名はありません。
"Mitake-suge" (Carex michauxiana var. asiatica) belongs to Cyperaceae
(the Sedge family). It is a perennial evegreen herb that is distributed
northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido. This herb grows in
high moors and can reach 20-50 cm in height. The flowers bloom in June
to August. The acrogyrous spike is male and the 2-4 pleurogerous spikes
are female.
[上・中1] 福島県北塩原村「雄国沼」にて、2009年06月27日撮影。
[中2・中3] 長野県山ノ内町「田ノ原湿原」にて、
2010年07月25日撮影。
[中4・下] 秋田県由利本庄市「竜ヶ原湿原」にて、
2005年07月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp