みつば (三葉)

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

Cryptotaenia japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。林内の日陰に生え、高さは40〜50センチになります。葉は3出複葉で互生します。6月から7月ごろ、茎頂に小さな白い花を咲かせます。市販されているのはほとんどが水耕栽培で、育て方によって青みつばや切りみつば、根みつばの3種類があります。
セリ科ミツバ属の多年草で、学名は Cryptotaenia japonica。
英名は Mitsuba。
Mitsuba (Cryptotaenia japonica) belongs to the family Apiaceae (the Carrot family). It is a perennial herb that is native to through Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in the shady places of forest and can reach 40-50 cm in height. The leaves are 3-lobed compounds and alterate. Small white flowers come on the shoot apex from June to July. This herb is edible and used for Japanese cooking.
[上] 岐阜県瑞浪市土岐町「瑞浪高原」にて、2007年04月13日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年06月21日撮影。
[中2] 同上にて、2004年05月19日撮影。
[中3] 長野県筑北村坂井「修那羅森林公園」にて、
2006年08月01日撮影。
[中4] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年05月10日撮影。
[中5] 茨城県神栖市太田新町にて、2010年03月13日撮影。
[中6] 千葉県香取市大角にて、2010年05月20日撮影。
[中7・中8] 同上にて、2011年05月19日撮影。
[中9・下] 千葉県香取市仁良にて、2012年08月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp