みやまうぐいすかぐら (深山鶯神楽)

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

Lonicera gracilipes var. glandulosa

わが国の本州から四国・九州のおもに日本海側に分布しています。山地や丘陵に生え、高さは2メートルほどになります。枝や葉などが、やや粘りけのある腺毛に被われるのが特徴です。葉は倒卵形から楕円形で対生します。4月から5月ごろ、葉腋に長い花柄を出して、淡紅色の花を下向きに咲かせます。果実は6月から7月ごろに赤く熟し、甘くて食べられます。
スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、学名は Lonicera gracilipes var. glandulosa。英名はありません。
"Miyama-uguisu-kagura" (Lonicera gracilipes var. glandulosa) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu, and mainly distributed to the Japan Sea side. This tree occurs in mountains or hills and can reach about 2 m in height. It is defined by sticky glandular hairs covered on the leaves and branchlets. The leaves are obovate to elliptic and opposite. The long peduncles are borne on the axiles and bloom downward pale rose-pink flowers from April to May. The fruits ripen in red from June to July, they are sweet and edible.
[上・中1] 群馬県六合村「花楽の里」にて、2009年04月26日撮影。
[中2] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。
[中4・中6] 長野県松本市「内田少年の森」にて、
2005年05月21日撮影。
[中5] 長野県三水村赤塩にて、2004年05月02日撮影。
[中7・中8] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影。
[中9] 群馬県高崎市「観音山」にて、2012年04月01日撮影。
[中10・中11] 山梨県北杜市「編笠山」にて、2013年05月05日撮影。
[中12〜13・下] 栃木県日光市「霧降高原」にて、
2016年04月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp