みつでうらぼし (三手裏星)

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

Crypsinus hastatus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島南部や台湾に分布しています。山地の岩肌や道端などの比較的乾いたところに生えます。葉身は単葉から3出複葉で、まれには5出複葉となります。葉の裏面には、大くてはっきりした胞子嚢があります。
ウラボシ科ミツデウラボシ属の常緑シダ類で、学名は Crypsinus hastatus。英名はありません。
"Mitsude-uraboshi" (Crypsinus hastatus) belongs to the Polypodiaceae family. It is an evergreen fern that is distributed throughout Japan, also the southern Korean Peninsula and Taiwan. This fern grows on relatively-dried mountain bare rocks or roadside. The leaves are simple to trifoliate, rarely pentafoliolate. They have large, visible sori on the abaxial sides.
[上・中1] 愛知県豊田市足助町「飯盛山」にて、
2005年04月03日撮影。
[中2・中3] 宮城県松島町「雄島」にて、2010年08月08日撮影。
[中4・中5] 宮城県松島町「瑞巌寺」にて、2010年08月08日撮影。
[中6・中7] 群馬県高崎市「観音山」にて、2012年04月01日撮影。
[中8〜9・下] 福島県いわき市「三森山」にて、
2014年01月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp