みねうすゆきそう (峰薄雪草)

Leontopodium japonicum var. shiroumense

Leontopodium japonicum var. shiroumense

Leontopodium japonicum var. shiroumense

Leontopodium japonicum var. shiroumense

Leontopodium japonicum var. shiroumense

Leontopodium japonicum var. shiroumense

わが国の固有種で、本州の中部地方から上越地方に分布しています。「うすゆきそう」の高山型で、亜高山帯から高山帯の砂礫地や草地に生えます。高さは10〜15センチほどで、披針形または長楕円形の葉は綿毛に被われています。7月から8月ごろ、茎の先端の花序に、白い苞葉に囲まれた頭花を咲かせます。 
キク科ウスユキソウ属の多年草で、学名は Leontopodium japonicum var. shiroumense。英名はありません。 
"Mine-usuyuki-so (Leontopodium japonicum var. shiroumense) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is an endemic species of Japan, and distributed from Chubu district to Joetsu district of Honshu. It is an alpine variety of "Usuyuki-so", and grows in sub-alpine to alpine grasslands. This herb can reach 10-15 cm in height. The leaves are lanceolate or oblong and covered with wooly hairs. The flower-heads, surrounded by white bracts, bloom in cluster at terminal stems from July to August. 
[上] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2005年07月15日撮影。
[中1] 同上にて、2004年07月03日撮影。
[中2・中3] 長野県白馬村北城「八方尾根」にて、
2006年08月25日撮影。
[下] 同上にて、2016年07月30日撮影。
[中4] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、
2006年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp