みやこぐさ (都草)

Lotus corniculatus var. japonicus

Lotus corniculatus var. japonicus

Lotus corniculatus var. japonicus

Lotus corniculatus var. japonicus

Lotus corniculatus var. japonicus

わが国の各地をはじめ朝鮮半島、中国などに広く分布しています。日当たりのよい道端や草地などに生え、茎は地面を這って広がります。4月から10月ごろ、葉腋から花柄を出して、黄色い蝶形花を1〜3個咲かせます。名前は、京都に多かったことから。また花の形が烏帽子に似ていることから、「えぼしぐさ(烏帽子草)」の別名もあります。よく似た「せいようみやこぐさ」は、茎や葉に毛があり、ひとつの花柄から3〜7個の花を咲かせます。
マメ科ミヤコグサ属の多年草で、学名は Lotus corniculatus var. japonicus。英名は Bird's foot trefoil。
Bird's foot trefoil (Lotus corniculatus var. japonicus) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is distributed widely to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny roadsides or grasslands, and the stems crawl on the grounds. The peduncles are borne at the axils, and the 1-3, yellow, papilionacenous flowers bloom from April to October. It resembles to Bird's foot trefoil (Lotus corniculatus var. corniculatus) that is defined by the hairy stems and leaves, and the arrangement of annular 3-7 flowers around the peduncle.
[上・中1] 長野県山ノ内町平床にて、2010年07月25日撮影。
[中2〜3・下] 福島県会津若松市河東町にて、
2012年06月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp