みやこあおい (都葵)

Heterotropa asper

Heterotropa asper

Heterotropa asper

Heterotropa asper

Heterotropa asper

Heterotropa asper

わが国の本州、近畿地方以西から島根県それに四国に分布してい
ます。山地の林内に生え、高さは10センチほどになります。葉は卵
円形から卵状楕円形で、基部は心形です。葉の表面には雲紋があり
ます。4月ごろ、根元に暗紫褐色の花を咲かせます。萼筒は半球形
で、口部は著しく括れます。
ウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草で、学名は Heterotropa
asper。英名はありません。
'Miyako-aoi' (Heterotropa asper) belongs to Aristolochiaceae (Birthwort
family). It is an evergreen perennial herb that is distributed westward from
Kinki-district to Shimane prefecture of Honshu and Shikoku. This herb
occurs in montane forests and can reach about 10 cm in height. The leaves
are ovate-round to ovate-elliptic with heart-shaped bases. They have
cloudlike mottles on the surface. The dark purplish brown flowers come on
the bases in April. The calyx tube is hemispheroidal and curve eminently at
the tips.
[上・中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月09日撮影。
[中1] 同上にて、2007年03月25日撮影。
[中2・中3] 大阪府河内長野市滝畑「南葛城山」にて、
2006年05月15日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp