みつややし (三矢椰子)

Neodypsis decaryi

Neodypsis decaryi

Neodypsis decaryi

Neodypsis decaryi

Neodypsis decaryi

Neodypsis decaryi

Neodypsis decaryi

マダガスカルが原産です。単幹で、高さは7〜8メートルほどになります。葉柄は三角柱状で三方に重なってでるのが特徴です。葉は灰緑色の羽状複葉で、長さは4〜5メートルになります。雌雄異株です。葉腋から肉穂花序をだし、淡黄緑色の花を咲かせます。別名で「さんかくやし(三角椰子)」とも呼ばれます。
ヤシ科ミツヤヤシ属の常緑高木で、学名は Neodypsis decaryi。
英名は Triangle palm、Three sided palm。
Triangle palm (Neodypsis decaryi) belongs to Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is native to Madagascar. This palm is a single trunk and can reach 7-8 m in height. The leaf stalks are triangle and defined by overlapped three sides. The leaves are grayish green, pinnate compound and grow 4-5 m long. This is a dioecious. The spadixes are borne at axiles and bloom pale yellowish green flowers.
[上・中1〜2] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中3] 同上にて、2004年02月01日撮影。
[中4〜5・下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp