みやこわすれ (都忘れ)

Miyamayomena savatieri cv.

Miyamayomena savatieri cv.

Miyamayomena savatieri cv.

Miyamayomena savatieri cv.

Miyamayomena savatieri cv.

わが国の本州から四国・九州に分布する「みやまよめな」の園芸品種です。江戸時代から改良されてきました。名前の由来は「都を忘れてしまうほど美しい」ということから。5月から6月ごろ、鮮やかな紫色の花を咲かせます。花色にはピンク色や白色、淡い青色などがあります。 
キク科ミヤマヨメナ属の多年草で、学名は Miyamayomena savatieri cv.。英名はありません。 
"Miyako-wasure" (Miyamayomena savatieri cv.) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is a cultivar of "Miyama-yomena" (native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan). This herb has been breeded in Japan from Edo Era (about 250 years ago). The purple flowerheads come in May and June. There are also pink, white or pale blue flower-colors. 
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。
[中2] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、2009年04月08日撮影。
[中3・下] 山形県小国町小玉川にて、2017年06月17日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp