みやこざさ (都笹)

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

Sasa nipponica

わが国の北海道から本州の太平洋側、それに四国・九州に分布しています。山地に生え、桿の細くて高さは50〜80センチになり、ほとんど分枝しません。節は球状に膨らみ、葉鞘は無毛です。葉は、長さ15〜25センチで、裏面には軟毛が密生します。写真中3は、大台ヶ原にある牛石ヶ原を被う「いとざさ(糸笹)」と呼ばれる高さ30センチほどのタイプ。 
イネ科ササ属のササ類で、学名は Sasa nipponica。
英名はありません。 
"Miyako-zasa" (Sasa nipponica) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is a shrubby bamboo that is native to Hokkaido, the Pacific Ocean side of Honshu, Shikoku and Kyushu. This bamboo grows in mountains and the slender stems are can reach 50-80 cm in height. The stems are almost never branched. The nodes are swollen spherically and the sheaths are glabrous. The leaves are 15-25 cm long and covered with dense soft hairs on the abaxial sides. 
[上・中1] 群馬県中之条町上沢渡「反下川林道」にて、
2008年07月26日撮影。
[中2・中3] 奈良県上北山村小橡「大台ヶ原」にて、
2005年08月02日撮影。
[中4] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。
[中5〜中7] 大阪府河内長野市滝畑「南葛城山」にて、
2006年05月15日撮影。
[中8・中9] 山梨県北杜市「編笠山」にて、2013年05月05日撮影。
[中10・中11] 長野県富士見町「入笠山」にて、
2013年05月05日撮影。
[中12・中13] 長野県原村「八ヶ岳自然文化園」にて、
2013年05月06日撮影。
[中14・中15] 福島県矢祭町「八溝山」にて、2013年10月12日撮影。
[中16・中17] 茨城県大子町「高笹山」にて、2013年10月19日撮影。
[中18・中19] 茨城県日立市「高鈴山」にて、2013年11月30日撮影。
[中20・中21] 福島県いわき市「二ツ箭山」にて、
2013年12月14日撮影。
[中22・中23] 福島県いわき市「屹兎屋山」にて、
2014年01月25日撮影。
[中24・中25] 福島県いわき市「鬼ヶ城山」にて、
2014年02月01日撮影。
[中26・中27] 福島県いわき市「湯ノ岳」にて、
2014年03月29日撮影。
[中28・中29] 福島県いわき市「滝富士」にて、
2014年04月06日撮影。
[中30〜32・下] 栃木県日光市「赤薙山」にて、
2014年10月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp