みやまぜんこ (深山前胡)

Coelopleurum multisectum

Coelopleurum multisectum

わが国の固有種で、中部地方の亜高山帯から高山帯に分布してい
ます。砂礫地や草地に生え、高さは15〜60センチになります。茎葉
は3〜4回3出羽状複葉で、鋭い鋸歯があります。7月から8月ごろ、
茎の先や上部の葉腋に複散形花序をつけ、白い花をいっぱい咲か
せます。一稔性で、果実をつけたあとは枯死するそうです。
セリ科エゾノシシウド属の多年草で、学名は Coelopleurum
multisectum。英名はありません。
岐阜県丹生川村久手「乗鞍岳」にて、2002年08月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp