みずあおい (水葵)

Monochoria korsakowii

Monochoria korsakowii

Monochoria korsakowii

Monochoria korsakowii

Monochoria korsakowii

Monochoria korsakowii

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。水田や沼地に
生え、高さは20〜40センチになります。名前は、葉のかたちが「か
んあおい(寒葵)」に似ていることから。むかしは「なぎ(菜葱)」と呼ん
で、食用にしたそうです。根生葉は心形で長い柄があります。8月か
ら10月ごろ、淡い青紫色の花を咲かせます。
ミズアオイ科ミズアオイ属の一年草で、学名は Monochoria
korsakowii。英名は Mizu-aoi。
"Mizu-aoi" (Monochoria korsakowii) belongs to the Pontederiaceae (the
Pickerelweed family). It is an annual herb that is native to all over Japan
and the Korean Peninsula. This herb grows in rice fields or marshes and
can reach 20-40 cm in height. The leaves resemble to "Kan-aoi" (Asarum
nipponicum). They are called "Nagi" and used for food in former days. The
basal leaves are cordate with long petioles. The pale bluish-purple flowers
bloom from August to October.
[上・中1・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年09月29日撮影。
[中2] 同上にて、2003年09月07日撮影。
[中3・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp