みずがやつり (水蚊帳吊)

Cyperus serotinus

Cyperus serotinus

Cyperus serotinus

Cyperus serotinus

Cyperus serotinus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、インド、ヨーロッパに分
布しています。湿田や湿地などに生え、高さは50〜80センチになり
ます。細長い根茎を伸ばして広がり、群生します。葉は線形で幅5〜
8ミリ、根生します。8月から10月ごろ、茎頂に5〜7個の花序枝をだ
し、緑色の小穂をつけます。小穂は次第に濃い赤紫色に変わりま
す。
カヤツリグサ科カヤツリグサ属の一年草で、学名は Cyperus
serotinus。英名は Tidal-marsh flatsedge。
Tidal-marsh flatsedge belongs to the Cyperaceae (the Sedge family). It is a
perennial herb that is distributed troughout Japan, also the Korean
Peninsula, India and Europe. This herb grows in wet paddy or marshes and
can reach 50-80 cm in height. It spreads by narrow rhizomes and
clumping. The leaves are linear 5-8 mm wide and basal. The 5-7 branches
of inflorescences are borne on the stem apices from August to October.
The spikelets are green at first and shade into deep reddish purple.
[上・中1〜2] 宮城県松島町「雄島」にて、2010年08月08日撮影。
[中3・下] 長野県小谷村北小谷「湯峠」にて、2005年08月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp