みずぎく (水菊)

Inula ciliaris

Inula ciliaris

Inula ciliaris

Inula ciliaris

わが国の本州、三重県以北から北海道、それに中国やシベリアに
分布しています。山地の日当たりのよい湿地に生え、高さは25〜
50センチになります。披針形の葉は、軟らかい毛に被われ、花期に
も根生葉が残ります。8月から9月ごろ、茎の先端に直径3〜4セン
チの黄色い頭花を咲かせます。高山帯に生える「うさぎぎく(兎菊)」
の近縁です。
キク科オグルマ属の多年草で、学名は Inula ciliaris。
英名はありません。
"Mizu-giku" (Inula ciliaris) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a
perennial herb that is distributed northward from Mie prefecture of Honshu
to Hokkaido, China and Siberia. This herb grows in montane sunny
marshes and can reach 25-50 cm in height. The leaves are lanceolate and
covered with soft hairs. The basal leaves remain after flowering. The yellow
flower-head 3-4 cm across come on the stem apices from August to
September. This is a realtive species of "Usagi-giku" (Arnica
unalaschcensis var. tschonoskyi).
[上・中1〜2] 群馬県沼田市上発知町「玉原湿原」にて、
2009年07月26日撮影。
[下] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp