みずひき (水引)

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

Polygonum filiforme

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、インドネシアに分布しています。草むらや山地の木陰などに生え、高さは30〜50センチになります。葉は長楕円形で互生します。9月から10月ごろ、茎頂から細い総状花序を伸ばして、赤色の小さな花をまばらに咲かせます。名前は、この花をつけた花穂のかたちを赤い水引に、また花の上が赤く下が白いのを紅白の水引に見たてたとも言われています。
タデ科タデ属の多年草で、学名は Polygonum filiforme。
英名はありません。
The "Mizu-hiki" (Polygonum filiforme) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is a perennial herb that is distributed to throughout Japan, as well as the Korean Peninsula, China and Indonesia. This herb grows in tussoks or montane shady places and can reach 30-50 cm in height. The leaves are oblong and alternate. The slender racemes are borne on the shoot apices and bloom small red flowers sparsely.
[上・中1] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月22日撮影。
[中2] 岐阜県八百津町久田見にて、2007年06月08日撮影。
[中3・中4] 茨城県北茨城市「和尚山」にて、2012年09月22日撮影。
[中5・中6] 山梨県上野原町「扇山」にて、2013年09月22日撮影。
[中7〜8・下] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2014年09月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp