みずき (水木)

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

Swida controversa

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国それにインドシナ半島に分布しています。山地の水辺に生え、高さは10〜20メートルになります。成長が早く、枝が幹に輪生状につきます。水を吸い上げる力が強く、春先に枝を切ると樹液が多くでてきます。5月から6月ごろ、散房花序をだして小さな白い花を咲かせます。「くまのみずき(熊野水木)」と似ていますが、大きな円形に近い葉が互生または束生することで区別できます。
ミズキ科ミズキ属の落葉高木で、学名は Swida controversa。
英名は Giant dogwood。
The Giant dogwood (Swida controversa) belongs to the Cornaceae (the Dogwood family). It is a tall deciduous tree that is distributed throughout Japan, as well as the Korean Peninsula, China and the Indochina Peninsula. This tree grows in montane water's edges and can reach 10-20 m in height. It grows easily and the branches are whorled around the trunk. It absorbs much water and bleeds sap freely if the branch is cutted. The corymbs are borne and bloom small white flowers from May to June. This tree resembles large-leaf dogwood, though it is defined by alternate or fasciculate large roundish leaves.
[上・中1] 群馬県安中市松井田町「碓氷峠」にて、
2009年05月24日撮影。
[中2] 長野県松本市内田にて、2005年05月22日撮影。
[中3] 長野県小谷村「栂の森遊歩道」にて、2005年07月11日撮影。
[中4] 長野県塩尻市片丘にて、2007年07月11日撮影。
[中5] 秋田県由利本庄市鳥海町猿倉にて、2005年07月18日撮影。
[中6] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2005年08月30日撮影。
[中7] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年02月15日撮影。
[中8・中9] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月02日撮影。
[中10・中11] 福島市土湯温泉町「磐梯吾妻道路」にて、
2013年07月20日撮影。
[中12・中13] 宮城県川崎町「刈田岳」にて、2015年09月05日撮影。
[中14〜中16] 秋田県東成瀬村にて、2015年06月21日撮影。
[中17〜20・下] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、
2016年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp