みずとらのお (水虎の尾)

Eusteralis yatabeana

Eusteralis yatabeana

Eusteralis yatabeana

Eusteralis yatabeana

Eusteralis yatabeana

Eusteralis yatabeana

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島に分布しています。池沼や湿地に生え、高さは30〜50センチほどになります。茎には4稜があり、線形の葉が3〜4輪生します。8月から10月ごろ、茎の先の穂状花序に淡紅色の花を咲かせます。 
シソ科ミズトラノオ属の多年草で、学名は Eusteralis yatabeana。英名はありません。 
"Mizu-toranoo" (Eusteralis yatabeana) belongs to the Labiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is distributed to Honshu, Shikoku and Kyushu, and the Korean Peninsula. This herb grows in ponds and marshes, and can reach 30-50 cm in height. The stem is quadrangular and whorles 3-4 linear leaves. The spikes are borne on the stem tips and bloom pale rose pink flowers from August to October. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2007年09月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2004年10月11日撮影。
[中4・下] 高知市五台山「牧野植物園」にて、2017年09月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp