もみじあおい (紅葉葵)

Hibiscus caccineus

Hibiscus caccineus

Hibiscus caccineus

Hibiscus caccineus

Hibiscus caccineus

Hibiscus caccineus

Hibiscus caccineus

北アメリカの東部が原産です。沼や湿原に自生しています。高さは1〜2メートルほどになり、7月から9月ごろ大輪の真紅の花を咲かせます。太い根茎で越冬します。名前は、葉が「もみじ」のように深く3〜5裂して、「あおい」の仲間ということから。 
アオイ科フヨウ属の多年草で、学名は Hibiscus caccineus。英名は Scarlet rose mallow。 
Scarlet rose mallow (Hibiscus caccineus) belongs to the Malvaceae (the Mallow family). It is a perennial herb that is native to eastern North America. This herb grows in swamps and bogs, and up to a height of 1-2 m. The large crimson flowers bloom from July to September. This herb passes the winter in thick rhizome. The Japanese name is derived from the maple-like leaves and belonging the mallow.  
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年08月10日撮影。
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜5・下] 名古屋市千種区「東山動植物園」にて、2017年08月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp