もみじばアラリア (紅葉葉アラリア)

Dizygotheca elegantissima

Dizygotheca elegantissima

Dizygotheca elegantissima

ニューカレドニアとポリネシアに分布しています。高さは7〜8メートル
になり、幼木は観葉植物に利用されています。葉は掌状複葉で、小
葉は6〜10個あり、赤みを帯びた暗緑色です。園芸上は、「アラリ
ア」とか「ディジゴセカ」とも呼ばれます。
ウコギ科ディジゴテカ属の常緑小高木で、学名は Dizygotheca
elegantissima。英名は False aralia。
False aralia belongs to Araliaceae (Ginseng family). It is an evergreen semi-
tall tree that is native to New Caledonia and Polynesia. It can reach 7-8 m
in height, and young tree is used for foliage plant. Leaves are palmate
compounds with 6-10 leaflets, and reddish dark green.
[上・中] 愛知県渥美町「伊良湖フラワーパーク」にて、
2004年03月07日撮影。
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp