もようびゆ (模様びゆ)

Alternanthera bettzickiana

Alternanthera bettzickiana

Alternanthera bettzickiana

Alternanthera bettzickiana

Alternanthera bettzickiana

メキシコから南アメリカが原産です。わが国へは明治時代に渡来し
ました。高さは20〜30センチほどになり、葉の色には黄色系から赤
色系などがあります。夏から秋にかけて、花弁のない目立たない花
を咲かせます。別名で「テランセラ」とか「アルテルナンテラ」とも呼ば
れます。
ヒユ科ツルノゲイトウ属の多年草で、学名は Alternanthera
bettzickiana。英名は Joseph's coat。
Joseph's coat (Alternanthera bettzickiana) belongs to Amaranthaceae
(Amaranth family). It is a perennial herb that is native to Mexico through
South America. It was introduced into Japan in the Meiji Era (about 120
years ago). This herb can reach 20-30 cm in height and the leaves are
yellow to red color. The flowers are inconspicuous, non-petaled and
appear from summer to fall.
[上・中1] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年11月14日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中3] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年05月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月18日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp