モエリンギア・ムスコーサ [Index] [Back]

Moehringia muscosa

Moehringia muscosa

ヨーロッパアルプスやピレネー山脈、アペニン山地に分布しています。標高900〜2300メートルにある日陰の湿った岩場に生え、高さは10〜20センチになります。茎はか弱く、非常に細いものです。葉は草色で無柄、狭線形から糸状です。5月から9月ごろ、3〜6個ずつまとまって白い花を咲かせます。花は四数で、花弁の長さは萼片と同じくらいです。
ナデシコ科オオヤマフスマ属の多年草で、学名は Moehringia muscosa。英名は Mossy sandwort。
Mossy sandwort (Moehringia muscosa) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to Europe; the Alps, the Pyrenees and the Apennine. This herb grows in shady damp rocks, 900-2300 m elevation, and can reach 10-20 cm in height. The stems are weak and very thin. The leaves are grassy green, sessile and narrowly linear to filiform. The white flowers bloom in clusters of 3-6 from May to September. They are tetramerous, petals as long as sepals.
スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月17日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp