モエリンギア・トマジーニイ [Index] [Back]

Moehringia tommasinii

Moehringia tommasinii

クロアチアからスロベニア、それにイタリアに分布しています。石灰岩の岩礫地に生え、高さは10センチほどになります。茎には毛がなく、華奢なものです。葉は狭長楕円形またはさじ形で青緑色、先端が尖ります。花は白色で長い花柄があり、ふつうは1個です。花は6月から7月に咲きます。
ナデシコ科オオヤマフスマ属の多年草で、学名は Moehringia tommasinii。英名はありません。
Moehringia tommasinii belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to Croatia, Italy and Slovenia. This herb grows on limestone rocks and can reach about 10 cm in height. The stem is hairless and fragile. The leaves are narrowly-oblong or spoon-shaped, blue-green and pointed. The flowers are white, usually solitary with long-stalked, and bloom from June to July.
クロアチア・プリトヴィッツェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp