もみじがさ (紅葉傘)

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

Cacalia delphiniifolia

わが国の北海道南部から本州、四国・九州に分布しています。山地の林内に生え、高さは90センチほどになります。葉は「もみじ」のように掌状に裂け、長い葉柄があります。8月から9月ごろ、細い円錐花序に白い頭花を咲かせます。若芽は東北地方では「しどけ」と呼ばれ、食用にされます。 
キク科コウモリソウ属の多年草で、学名は Cacalia delphiniifolia。
英名はありません。 
The "Momiji-gasa" (Cacalia delphiniifolia) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native southward from southern Hokkaido to Honshu, Shikoku and Kyushu. This herb grows in montane forests and it can reach about 90 cm in height. The leaves are divided into palmetely, similar to maple, with long petioles. The white flower-heads bloom in the narrow panicles from August to September. The young shoots are called "Shidoke" in Tohoku district and used for boiled vegetable. 
[上・中1〜3] 長野県白馬村北城「和田野の森」にて、
2006年08月25日撮影。
[中4] 奈良県川上村伯母谷にて、2005年08月02日撮影。
[中4] 秋田県藤里町藤琴「農村環境改善センター」にて、
2005年07月17日撮影。
[中5・下] 福島県矢祭町「滝川渓谷」にて、2013年09月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp