モンゴルハニーサックル

Lonicera maackii f. podocarpa

Lonicera maackii f. podocarpa

「ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)」の一品種です。中国の北部とモンゴ
ルに分布しています。高さは5メートルほどになり、葉の表面は濃い
緑色で裏面は紫がかっています。若い枝は濃紫色をしています。春
から夏にかけて白い花を咲かせますが、やがて黄色に変化します。
果実は濃赤色に熟し、2つ並びます。母種の「ハナヒョウタンボク(L.
maackii)」よりも、樹形がひろがり花も華やかです。
スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、学名は Lonicera maackii f.
podocarpa。英名は Mongolian honeysuckle。
ニューヨーク「ブルックリン植物園」にて、2002年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp