もっこく (木斛)

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

Ternstroemia gymnanthera

わが国の本州、千葉県以西から四国・九州、それに東南アジアに分
布しています。海岸沿いに生え、高さは10〜15メートルになります。
葉は楕円状卵形から狭倒卵形で、枝先に集まってつきます。6月か
ら7月ごろ、葉腋にいい香りのする白い花を咲かせます。果実は
果で、10月から11月に赤く熟します。樹形が端正で刈り込まなくても
整うため、庭木としてよく植えられています。
ツバキ科モッコク属の常緑高木、学名は Ternstroemia gymnanthera。
英名はありません。
"Mokkoku" (Ternstroemia gymnanthera) belongs to the Theaceae (the Tea
family). It is a tall evergreen tree that is distributed from Chiba prefecture of
Honshu west to Shikoku, Kyushu and southeastern Asia. This tree grows
in coastal areas and can reach 10-15 m in height. The leaves are elliptic-
ovate to narrow-obovate and crowd at the end of twigs. The scented white
flowers bloom on the axiles from June to July. The fruits are capsules and
ripen red from October to November. This tree is commonly used as a
garden tree.
[上・中1] 大阪府四条畷市下田原にて、2001年07月04日撮影。
[中2] 同上にて、2003年07月11日撮影。
[中3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中4] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年11月01日撮影。
[中5] 福井県丸岡町「福井都市緑化植物園」にて、
2002年11月09日撮影。
[中6・下] 茨城県神栖市砂山にて、2009年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp