もっこうばら (木香薔薇)

Rosa banksiae

Rosa banksiae

Rosa banksiae

Rosa banksiae

Rosa banksiae

Rosa banksiae

Rosa banksiae

Rosa banksiae

中国の中南部が原産です。わが国へは江戸時代中期に渡来しまし
た。名前は、中国名の「木香花(Mu Xiang Hua)」を音読みしたもので
す。4月から5月ごろ、枝先に淡い黄色や白色の八重の花を咲かせ
ます。この「ばら」には棘がありません。真子さまのお印の花だそうで
す。
バラ科バラ属の常緑低木で、学名は Rosa banksiae。
英名は Banksia rose。
Banksia rose (Rosa banksiae) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It
is a small evergreen tree that is native to central-southern China. This tree
was introduced into Japan in the medium-term of Edo Era (about 250
years ago). The pale yellow or white flowers appear from April to May.
This rose is spineless.
[上・中1・中4〜5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」
にて、2009年03月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年04月17日撮影。
[中6・下] 茨城県つくば市「つくば牡丹園」にて、
2011年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp