もくまおう (木麻黄)

Casuarina stricta

Casuarina stricta

Casuarina stricta

Casuarina stricta

オーストラリアの南東部から西部、ニューサウスウェールズ州からビ
クトリア州、タスマニア州それに西オーストラリア州に分布していま
す。海岸沿いから内陸の砂礫地に生え、高さは5〜8メートルになり
ます。樹幹は円錐形で、淡緑色の枝は枝垂れます。小枝は針形で葉
の機能を果たし、本当の葉は小さな三角形の鱗片状です。晩秋から
冬にかけて、本年枝の枝先に雄花序と基部に雌花序をつけます。果
実は広楕円形の球果です。耐塩性があり、海岸地帯の防風林として
植栽されることがあります。
モクマオウ科モクマオウ属の常緑小高木で、学名は Casuarina stricta
(syn. Allocasuarina verticillata)。英名は Drooping she-oak。
Drooping she-oak belongs to Casuarinaceae family. It is an evergreen semi-
tall tree that is native to south-easern and western Australia, from New
South Wales to Victoria, Tasmania and West Australia. This tree occurs in
coastal areas or inland gravel areas and can reach 5-8 m in height. The
crown is conical, and the pale green branches are drooping. The twigs are
needle-like which have the function of leaves, and the true folliages are small
scale-like. The male clusters are borne on the terminal twigs and the female
ones are borne at the base of twigs from late fall to winter. The fruits are
broad-elliptic strobiles. This tree is salt tollerant and used as coastal shelter
belt.
[上・中1・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中2] 同上にて、2007年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp