もくれいし (木茘枝)

Microtropis japonica

Microtropis japonica

Microtropis japonica

わが国の本州南部や四国・九州、沖縄諸島それに台湾に分布して
います。 常緑広葉樹林の林内や林縁に生え、高さは2〜5メートル
になります。樹皮は灰褐色です。葉は卵形から楕円形で対生し、縁
は全縁です。2月から4月ごろ、葉腋に集散花序をだし、直径5ミリほ
どの黄緑色の花を咲かせます。果実は楕円形の刮ハで、冬に熟しま
す。種子は赤橙色で仮種皮はありません。
ニシキギ科モクレイシ属の常緑低木で、学名は Microtropis japonica。
英名はありません。
Moku-reishi (Microtropis japonica) belongs to Celastraceae. It is an
evergreen small tree that is distributed south Honshu, south Kyushu and
Okinawa Island of Japan, Taiwan. This tree occurs in or on the edge of the
evergreen broad-leaved forests, and can reach 2-5 m in height. Bark is
greish-brown. Leaves are ovate to elliptic, opposite and margins entire.
From February to April, cymes of small yellow-green flowers about 5 mm
wide are seen on the axils. Fruits are elliptic capsules and ripen in winter.
Seed is reddish-orange and is not arillate.
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[下] 同上にて、2006年11月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp